会議「様々なマイノリティとの共存を考える ―アジアとヨーロッパの学生の視点から」

アジアおよびヨーロッパの国々では、民族的、宗教的、また性的マイノリティがどのように扱われているだろうか。ある国ではこれらのマイノリティが法的に保護されている一方で、別の国では世間の否定的な態度や意図的に無視するような政策が続いているのはなぜだろうか。この会議のねらいは、アジアとヨーロッパにおける、LGBTQコミュニティや障害者といったマイノリティに対する世間の態度および公的な政策の違いについて議論することである。

 

Photo: geralt for pixabay

この会議は、アジアとヨーロッパの学生たちが、LGBTQコミュニティや様々な障害を持つ人々など、以前は顧みられなかったマイノリティに対するそれぞれの国での世間の態度や公的政策の違いについて検討する機会を設けることを目的としている。

 

世界の多くの地域では、これらのグループまたその他のマイノリティに対する偏見や差別はほとんどなくなり、社会的に受容され、法的な保護、また過去の差別的扱いに対する補償も行われている。しかし、依然として否定的な世間の態度やこれらのグループを意図的に無視した政策が続いている地域もある。また、同じ国の中でもマイノリティグループによって扱いが大きく違うことがあり得る。

 

例えば、日本では2020年のパラリンピックはメディアから好意的な注目を集めたものの、同性カップルに対する法的権利は認められていない。本会議に参加する学生たちには、過去には見過ごされてきたマイノリティが、それぞれの国でどのように扱われているか、世間や政府の姿勢における変化の有無、またそうした変化がもたらされた場合にはその背景について検討することを期待する。

 

 

会議:「様々なマイノリティとの共存を考える-アジアとヨーロッパの学生の視点から」

 

日程:2020213

場所:城西国際大学、東京

 

協力:城西中欧研究所、城西アセアン研究センター、フリードリヒ・エーベルト財団東京事務所

 

 

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

7-5-56 Akasaka
Minato-ku
Tokyo, 107-0052
Japan

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

Photo: FES Japan

Events

Symposium „Active Ageing in the Digital Age. How can Digitalization and Connectivity enhance Social Participation and Inclusion?”

Japan and Germany are confronting fast ageing populations. Supporting the social participation and inclusion of a growing number of elderly people constitutes a major challenge for both societies. Digitalization and connectivity offer great opportunities in this respect. The symposium addresses the issues of active ageing in the digital age by looking at how societies like Japan and Germany are trying to integrate the older generation into the process of digital transformation.

Read more

Conference “Diversity and Inclusiveness: Divergent Treatment of Neglected Minorities”

How do countries in Asia and Europe deal with ethnic, religious and sexual minorities? Why, in some countries, those minorities are legally protected, while in others negative public attitudes and policies of willful neglect still do persist? This conference aims to examine differences in popular attitudes and official policies towards minorities in Asia and Europe, such as the LGBTQ community and disabled persons.

Read more

Workshop “Remembrance – Responsibility – Reconciliation. New Challenges for Education in Germany and Japan”

With the worldwide rise of populist movements, the increase of nationalist tendencies and young people knowing less and less about recent history, maintaining the memory of the past is more important today than ever. In this workshop, researchers from Germany and Japan analyse the culture of remembrance in both countries and discuss the current challenges of teaching history and commemoration in schools and universities.

Read more
Graphic: J. Traud

Latest Publications

"Abtritt eines Unvollendeten"

Am 28. August 2020 hat der japanische Premierminister Shinzo Abe nach einer Rekord-Amtszeit von fast acht Jahren seinen Rücktritt angekündigt. Abe war bereits von 2006 bis 2007 Premierminister gewesen. In seiner ersten Amtszeit hatte er kaum etwas bewegen können und wurde in den Medien als "völliger Versager" bezeichnet. Seine zweite Amtszeit brachte zwar politische Stabilität, aber die selbst gesteckten Ziele wurden kaum erreicht.

 

Read more

"Japans Kampf gegen COVID-19"

Japan bekämpfte das Corona-Virus mit einem Teil-Lockdown ohne verbindliche Ausgangs- und Kontaktbeschränkungen. Massenentlassungen und ein wirtschaftlicher Kollaps wurden dadurch vermieden. Dennoch verlor die Regierung viel Vertrauen bei der Bevölkerung, denn bei den Menschen kam wenig Hilfe an, obwohl Konjunkturpakete mit scheinbar gigantischen Summen verabschiedet wurden.

 

 

Read more

"Germany and nuclear sharing"

In this article, German MP Rolf Mützenich discusses the future of nuclear sharing and the question of whether US tactical nuclear weapons stationed in Germany and Europe increase the level of safety of Germany and Europe or whether they have perhaps become obsolete.

Read more