催し物

催し物

シンポジウム「ドイツのエネルギーシフトと市民参加 核廃棄物最終処分場問題」

FoEドイツ(ドイツ環境自然保護連盟、BUND)の代表等を報告者に招き、ドイツの原発・エネルギー政策に関する状況を共有することを目的としたシンポジウムを開催しました。

 

Read more

国際シンポジウム「新たなグローバル経済秩序に向かって-企業、被雇用者、政府のインパクト-」

世界経済危機の後、TPP、日EU間FTA、米EU間FTAなど、数多くの地域自由貿易協定(FTA)交渉が進められています。これらのFTAは、新たな国際分業を規定するという意味でも画期的です。このシンポジウムでは、日本と欧州の経済トレンドの見通しを、企業、被雇用者、政府の立場から分析しました。

Read more

交流プロジェクト「チェルノブイリから28年、ベラルーシの経験とドイツの市民活動」

チェルノブイリ事故以降、ベラルーシの子どもたちの保養の受け入れや若者交流プロジェクトを行っている、ドイツ・Rottweilの市民団体メンバーと、ベラルーシより12名のグループが来日しました。広島、東京、福島の現状を視察、交流するとともに、日本の市民や行政、メディアに向けた発信を行いました。

Read more

専門家ワークショップ「日本とドイツにおける将来のエネルギー政策」

ドイツ、日本の両国にとってエネルギー政策は現在最重要テーマであり、国内外の注目を集めています。また、両国ともエネルギー政策の大転換の時期を前にしています。このワークショップでは、日独両国の現状と課題について専門家等が議論し、課題解決に向けた糸口を探りました。

Read more

日独研究会議 「再生可能エネルギーが地域経済にもたらす経済効果 - その試算と評価のモデル」

この日独研究会議では、Institute for Ecological Economy Research (IÖW)、Institute decentralised EnergyTechnologies (IdE)の研究者等により、地域経済が再生可能エネルギーに及ぼす影響について近年の研究結果が発表されました。また、日本で再生可能エネルギーが地域経済に与える付加価値に関する共同プロジェクトの結果について議論を行いました。

Read more

コミュニティパワー国際会議 2014 in 福島

コミュニティパワー国際会議では、国内外の地域エネルギー実践者や専門家と、これから新たな取り組みを始める人々の対話を通じて、今後の手がかりを模索しました。

Read more

国際シンポジウム「好かれる国の条件‐パブリック・ディプロマシーの時代」

このシンポジウムでは、世界に向けた国家のポジティブなイメージの重要性と、イメージ形成の戦略を模索しました。日独米を含む各国のパネリストが、対外政策におけるパブリック・ディプロマシーの役割について議論を行いました。

Read more

国際シンポジウム「『良き社会』をつくる-欧州と日本の課題」

欧州社会民主主義政党においては、「良き社会(Good Society)」という概念の下に、今日の経済問題や政治問題をその価値に着目して分析し、それを起点として新しい政治のあり方をつくりあげるという新しい試みがはじまっています。このシンポジウムでは、その取り組みについて議論し、これからの日本の政治のあり方について考えました。

Read more

欧州および東アジアにおける地域統合のための交流プログラム (EPRIE: Exchange Program for Regional Integration in East Asia and Europe)

パネルディスカッションでは、東アジアにおける包括的安全保障政策にかかる手法、米国が果たす役割、EUの 関与が増大する可能性などについて各分野の専門家が議論しました。

Read more

国際会議「新たなエネルギー枠組みの構築 -脱原発と安全なエネルギー供給の問題に対する社会民主主義的対応」

この会議は、アジア社会民主主義ネットワーク(SOCDEM Asia) が過去3回開催した会議結果の捕捉、強化を目的として開催されました。過去の会議では、社会・環境・経済的次元をこれらの枠組みに統合する動きに関して、新たなパラダイムの発展に焦点を当ててきました。

Read more

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

Graphic: Publications, J. Traud

出版物