催し物

催し物

シンポジウム:科学と公共政策における地域研究の重要性

社会学の分野では、その地域の特有の社会、政治、経済的状況が無視されがちです。このシンポジウムでは、地域研究が科学、イノベーション、公共政策にどのように貢献しているかを探ります。

Read more

第1回世界ご当地エネルギー会議

第1回世界ご当地エネルギー会議(World Community Power Conference, WCPC)を福島市にて開催いたします。世界ご当地エネルギー会議は、地域が中心となって進める自然エネルギー(コミュニティパワー)のリーダーたちが世界各地から集い、世界的な自然エネルギーへの転換の中でコミュニティパワーの果たす役割を議論することを目的とします。

Read more

ドイツにおける難民・移民政策調査プロジェクト(2016年)

2016年8月28日から9月10日まで、フリードリヒ・エーベルト財団及び国際交流基金の助成を受けて、日本国際交流センターによる、ドイツにおける移民・難民受け入れ状況についての訪問調査が実施されました。

Read more

シンポジウム「欧日関係の未来」

EUと日本の関係は非常に重要であり、今後もそうあり続けると思われます。欧州外交評議会(ECFR)による2015年の日本・EU関係報告書をもとに、下記のとおりディスカッション・セミナー「欧日関係の未来」を開催しました。

Read more

3.11シンポジウム「福島を忘れない」

福島の原発事故から5年、福島とチェルノブイリの現状を共有しました。また、ドイツ環境自然保護連盟の代表が、ドイツの原発・エネルギー問題の最前線について報告しました。

Read more

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

Graphic: Publications, J. Traud

出版物

『太陽光、水力、風力 ―ドイツにおける エネルギー転換の発展』

エネルギー転換への道のりは、決して容易ではありませんでした。エネルギーを替えるということは、1つの工業社会のエネルギーシステムを、丸ごと交換することを意味するからです。しかしエネルギー転換を単なる統計値や技術の問題ではなく、包括的な次元で説明しようとすると、意思決定に至るまでの環境的、経済的、政治的な前後関係を詳しく検証しなければなければなりません。

Read more