催し物

催し物

シンポジウム「ドイツのエネルギーシフトと市民参加 核廃棄物最終処分場問題」

FoEドイツ(ドイツ環境自然保護連盟、BUND)の代表等を報告者に招き、ドイツの原発・エネルギー政策に関する状況を共有することを目的としたシンポジウムを開催しました。

 

Read more

国際シンポジウム「新たなグローバル経済秩序に向かって-企業、被雇用者、政府のインパクト-」

世界経済危機の後、TPP、日EU間FTA、米EU間FTAなど、数多くの地域自由貿易協定(FTA)交渉が進められています。これらのFTAは、新たな国際分業を規定するという意味でも画期的です。このシンポジウムでは、日本と欧州の経済トレンドの見通しを、企業、被雇用者、政府の立場から分析しました。

Read more

交流プロジェクト「チェルノブイリから28年、ベラルーシの経験とドイツの市民活動」

チェルノブイリ事故以降、ベラルーシの子どもたちの保養の受け入れや若者交流プロジェクトを行っている、ドイツ・Rottweilの市民団体メンバーと、ベラルーシより12名のグループが来日しました。広島、東京、福島の現状を視察、交流するとともに、日本の市民や行政、メディアに向けた発信を行いました。

Read more

専門家ワークショップ「日本とドイツにおける将来のエネルギー政策」

ドイツ、日本の両国にとってエネルギー政策は現在最重要テーマであり、国内外の注目を集めています。また、両国ともエネルギー政策の大転換の時期を前にしています。このワークショップでは、日独両国の現状と課題について専門家等が議論し、課題解決に向けた糸口を探りました。

Read more

日独研究会議 「再生可能エネルギーが地域経済にもたらす経済効果 - その試算と評価のモデル」

この日独研究会議では、Institute for Ecological Economy Research (IÖW)、Institute decentralised EnergyTechnologies (IdE)の研究者等により、地域経済が再生可能エネルギーに及ぼす影響について近年の研究結果が発表されました。また、日本で再生可能エネルギーが地域経済に与える付加価値に関する共同プロジェクトの結果について議論を行いました。

Read more

コミュニティパワー国際会議 2014 in 福島

コミュニティパワー国際会議では、国内外の地域エネルギー実践者や専門家と、これから新たな取り組みを始める人々の対話を通じて、今後の手がかりを模索しました。

Read more

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

Graphic: Publications, J. Traud

出版物

社会民主党 第47回衆議院議員総選挙の結果について(声明)

第47回衆議院議員総選挙の投開票結果を受けて、社会民主党はウェブサイト上で声明文を発表した。同党はこの選挙を、国民の願いに背を向けた安倍政権の政治そのものを問う選挙であると位置付け、その対極にある「平和と福祉はやっぱり社民党」をスローガンに掲げて、選挙戦を闘った。

Read more

"The Politics of History – History in Politics" (歴史の中の政治-政治の中の歴史)

太平洋戦争(1941-1945年)の解釈をめぐる議論は、今もなお東アジア諸国との関係に大きな影響を与えている。 戦後70年の節目である2015年に、複雑な東アジアとの和解について理解を深めるため、日本と東アジアに関する様々な議論・資料をまとめた。

Read more

「ユーロ危機をめぐる6つの『神話』」

長年にわたる欧州の経済危機を経て、EUに反対する多くのデモが行われた。ドイツはこうした動きの中心にあるとは言え、反EUの右派の動きは、まだ国内政治に決定的な問題を与えるにはいたっていない。しかしながら、「ドイツは正しい行動をした」という見方は間違っている。 本稿ではこの議論を検証する。

Read more