• Event

    EPRIE 2017- Exchange Program For Regional Integration In East Asia And Europe

    EPRIEは、アジアと欧州の若手研究者同士の交流を目的としたプログラムです。今年はソウルと東京の会場で、「移民・統合」をテーマに掲げ、欧州とアジアの移民政策の類似点と相違点について活発な議論が行われました。

    more
  • Event

    日独シンポジウム「高齢化社会に対する法の応答」

    日本とドイツの社会はともに高齢化が進んでおり、政治的にも社会的にも大きな課題に直面しています。日独ともに社会、政治、経済、科学等様々な分野で持続可能な解決策を模索中ですが、労働法および社会保障法を中心とする法部門における対応も必要です。本シンポジウムでは、このような課題に対して両国各自の法制度がとるアプローチについて、日独の専門家が議論を行います。

    more
  • Publication

    オンラインジャーナル「International Politics and Society」

    新たに創刊されたオンラインジャーナル「International Politics and Society」では、 世界的な格差問題を取り上げます。その他、環境、欧州統合、国際関係、社会民主主義、開発政策等のテーマを、新たな視点で取り上げています。

    more
  • Event

    日独国際シンポジウム 「人口動態の変化とグローバルな人の移動」 ―求められる政策的対応とは?―

    本シンポジウムでは、日独双方から本テーマに造詣の深い政治家、行政、学者・専門家等にご参加いただき、両国における現在の取り組みと課題を踏まえつつ、日独両国が本テーマにどう向かいあい、どう取り組むべきか、日独に求められる政策的対応について議論を行います。

    more

Friedrich-Ebert-Stiftung
Japan Office

〒107-0052 東京都港区
赤坂7-5-56
ドイツ文化会館410

+03 6277-7551
+03 3588-6035

office(at)fes-japan.org

FES東京のサイトにようこそ

フリードリヒ・エーベルト財団 (FES) は、ドイツ連邦共和国の非営利の政治財団です。民主主義の基本的価値に則り、教育・研究・国際協力を通して公共政策の発展に努めています。FESは1925年に設立され、ドイツ初の民主的な選挙により選出されたフリードリヒ・エーベルトに因んで名付けられました。

ドイツ国内における政治教育のほか、FESの活動範囲は世界100カ国以上にわたっています。東京事務所は1967年に開設され、国際対話部(Internationaler Dialog)に属しています。

more

エネルギーの安全保障

エネルギーの安全保障

エネルギーの安全保障は工業国にとって重大な課題です。供給の保証ばかりでなく環境への影響や社会経済の発展も重要性を増しています。これらの課題は国政レベルでは効果的に対処することは出来ません。従ってこのプロジェクトはエネルギー安全保障上の課題に関する日独、そして西側工業国間の対話を刺激することを目的としています。 more

移民と移民の社会的統合

移民と移民の社会的統合

移民と移民の社会的統合は日独両国の社会が直面している大きな挑戦の一つです。FESの活動は欧州の経験を日本の政治家・官僚、学者、ジャーナリスト、市民社会に伝え、共通の関心について議論することを目的としています。 more

人口動態の変化と高齢化社会

人口動態の変化と高齢化社会

日独両国の人口動態の変化と高齢化社会 も両国に共通する焦眉のトピックです。出生率の減少の観点から「人口問題の時限爆弾」は日独の社会が今日、直面する最大の挑戦の一つです。FES Japanは政治と市民社会における日独対話を促進し、この分野の学術的交流を支援しています。 more

東アジアと欧州の地域統合

東アジアと欧州の地域統合

FESはEUの経験をASEAN+3の枠組みの発足以来、発展している東アジアの地域統合及び、冷戦の終結以来、強化されている「東アジア共同体」の発想に関わる政策討議を促す努力し、関連シンポジウムと研究プロジェクトを支援し、特に東アジアの政治家、歴史学者、市民社会の代表者の交流を助成しています。中では、欧州における追憶の成功に基づいて欧州と東アジアの専門家、政治家、及び市民社会の代表者間の交流は継続的に強化されています。 more

Photo: Conference, FES Japan

催し物

EPRIE 2017- Exchange Program For Regional Integration In East Asia And Europe

EPRIEは、アジアと欧州の若手研究者同士の交流を目的としたプログラムです。今年はソウルと東京の会場で、「移民・統合」をテーマに掲げ、欧州とアジアの移民政策の類似点と相違点について活発な議論が行われました。

Read more

日独シンポジウム「高齢化社会に対する法の応答」

日本とドイツの社会はともに高齢化が進んでおり、政治的にも社会的にも大きな課題に直面しています。日独ともに社会、政治、経済、科学等様々な分野で持続可能な解決策を模索中ですが、労働法および社会保障法を中心とする法部門における対応も必要です。本シンポジウムでは、このような課題に対して両国各自の法制度がとるアプローチについて、日独の専門家が議論を行います。

Read more

日独国際シンポジウム 「人口動態の変化とグローバルな人の移動」 ―求められる政策的対応とは?―

本シンポジウムでは、日独双方から本テーマに造詣の深い政治家、行政、学者・専門家等にご参加いただき、両国における現在の取り組みと課題を踏まえつつ、日独両国が本テーマにどう向かいあい、どう取り組むべきか、日独に求められる政策的対応について議論を行います。

Read more
Graphic: Publications, J. Traud

出版物

オンラインジャーナル「International Politics and Society」

新たに創刊されたオンラインジャーナル「International Politics and Society」では、 世界的な格差問題を取り上げます。その他、環境、欧州統合、国際関係、社会民主主義、開発政策等のテーマを、新たな視点で取り上げています。

Read more

FES東京事務所設立50周年 記念誌発行

フリードリヒ・エーベルト財団東京事務所は1967年に設立されました。設立50周年の記念誌では、日本とドイツ、さらに国際社会において重要なテーマを取り上げてきた、FESの50年にわたる日独対話の活動を振り返ります。

Read more

『太陽光、水力、風力 ―ドイツにおける エネルギー転換の発展』

エネルギー転換への道のりは、決して容易ではありませんでした。エネルギーを替えるということは、1つの工業社会のエネルギーシステムを、丸ごと交換することを意味するからです。しかしエネルギー転換を単なる統計値や技術の問題ではなく、包括的な次元で説明しようとすると、意思決定に至るまでの環境的、経済的、政治的な前後関係を詳しく検証しなければなければなりません。

Read more
1967-2017: フリードリヒ・エーベルト財団 東京事務所 設立 50周年

1967-2017: フリードリヒ・エーベルト財団 東京事務所 設立 50周年

日独政治対話の歩み more

良き社会

良き社会

「良き社会」とは何か more

FESのパンフレット

FESのパンフレット

Promoting Democracy, Peace and Development, making globalization socially equitable. more

FES国際対話部のパンフレット

FES国際対話部のパンフレット

Social Dialogue and Promoting Social Democracy. more